Back view of female employee speak talk

人間的 Virtual Shift

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、私たちのビジネス環境に大きなインパクトを与えました。

従来は、必要に応じて利用するという位置づけであったWEBミーティングシステムは、他者と繋がるための「インフラ」として多くの企業に導入されました。知人との雑談や、飲み会までもをテクノロジーによって構成するなど、ビジネスにおけるコミュニケーションの「場」は急速に仮想環境へとシフトしていきました。

最も大きいインパクトは、この変化を社会全体が経験したことでしょう。長期にわたるリモートワークを大多数のビジネスパーソンが経験し、学習し、発展させよう尽力したことは歴史的に大きな意味があったと考えます。これまで部分的・道具的であったテクノロジーによる「場」は、私たちの新たな「職場」として根付き始めています。


一方で、この仮想環境下で多くの不整合が見られたことも着目すべきなのでしょう。従来の職場慣例や組織文化と、仮想環境の持つ特性が噛み合わずにネガティブな事態を招いた事例も多かったことと思います。

バーチャル環境には多重性・多様性という特徴があります。それを考慮せずに、一律的・集団的なマネジメント姿勢をオンラインに持ち込めば当然ながら不整合が生じます。仮想環境へのシフトに備え
るならば、このようなリスクや課題を多角的に発見し、予め学習を進めておくことが求められます。


テクノロジーの進展は、今後も社会の仮想性を継続的に高めていくでしょう。その変化のなかで、先進的な技術の恩恵をいち早く、最大限に享受するためには、それを扱う私たちのリテラシーを高めていくことが求められます。それは、テクノロジーを迎合するあまりに、自分や他者の生活を変えてしまうことではありません。また、これまでの環境に固執し、強制的な接合を進めることでもないでしょう。

『人間的 Virtual Shift』

これは、人間の持つ知性によって、個人と組織の最適な相互作用を生み出す試みです。


VWL.は、組織・個人双方のバーチャルシフトを支援します。知見を収集し、科学的な見地に基づき、仮想環境に対する思考を促進していきます。

2020年4月 

Virtual Workplace Lab. 代表 神谷 俊

 

Virtual Workplace is … ?

仮想的な(Virtual​)職場環境(Workplace)とは何か?画像を用いた説明動画です。
※動画再生時に音が出ます。

 

- NEWS -

 
 
  • Facebook
  • Twitter

運営会社

株式会社エスノグラファー
組織調査(リサーチ&コンサルティング)、マーケティング調査を提供しています。

https://ethno-grapher.com/

©2020 by Virtual Workplace Lab.